バスソルトのご注意 ぶっちゃけガス屋さんに聞いてみた

Rock salt

2017.1.16の記事に加筆修正したものです。
ヒマラヤ岩塩についてのまとめ記事はこちらから

先日、年に一回の給湯器点検がございましてね。
来てくれたガス屋さんに、ぶっちゃけ聞いてみました。

うちの給湯器は、東京ガスのエコキュート、だっけ、
そんなタイプのものです。
何度で保温というのが出来て、追い炊きが出来る一穴タイプ。

要するに、湯船の中のお湯が配管を通って
給湯器の中と行き来するタイプです。

ね、ヒマラヤ岩塩を入れちゃって、
給湯器大丈夫かなと、思いますよね。
私も思います←

ですので、うちのどうかなあと聞かれた時は、
ギリギリまで、例えばいつもより1度高いくらいで保温しておき、
自分がバスタブに入る前に保温とか風呂自動とかを切って、
給湯器にお湯が戻らないようにして、岩塩入れるといいよとか、
心配ならば、洗面器に溶かして上がり湯だけでもやってみるといいよ~とか
言ったりしてたんですけどね。

そんなところに丁度来てくれた専門家(笑)

結論、
給湯器に塩湯が戻るのは、やっぱしよくない。

だよねえ・・・特に配管のほうが心配なんだそうです。
でもこれね、何も岩塩だけの話じゃないんですって。
入浴剤全てにおいて、言えることなんだそうです。

特に粉っぽいものとか濁りがあるものとか、
湯の花みたいなのもダメみたいですね。
点検修理をする専門家としては、全部が全部、嬉しかないようです(笑)

でもねでもね、救済策も聞きました。

まず、バスタブに入れる時は、
風呂自動、追い炊き等、全て切って、
配管から給湯器に、できるだけ塩湯が戻らないようにする。

お風呂から出たら、すぐにお湯を抜いて洗ってしまう。
その時、一穴の穴が見えるくらいお湯が抜けたら、
お風呂場のリモコンの下の蓋をあけたところに「足し湯」というボタンがあるので、
それを押して、新しいきれいなお湯を流す。
すると、その新しいお湯が、給湯器から配管まで、
その日の入浴剤の溶け残りとか塩分等もみんな、洗い流してくれます。

また、定期的にジャバみたいなのを使うのもオススメだそうですよ。

面倒くさいと思われるかもしれませんが。
人一倍めんどくさがりの私も最初はそう思ったんですけど(笑)
乾燥肌の軽減の心地よさのほうが、めんどくささを上回りました。
毎日のことなので、特に面倒じゃなくなってる自分、すごい(^m^)

無駄にお湯を流すの?みたいなことにひっかかる方もおられるかもしれないけど。
子供たちのシャワーに比べたら、大した量ではないはずだし(^m^)
(うちは次男が戻ってひとり増えて、使用水量増えすぎてますが?って
水道検針の方から連絡が来た(笑)

給湯器を大切に使いたい方は、ぜひ、お試しください。
だって給湯器の寿命も違ってくるらしいですよ~。
(一昨年だったか、冬に給湯器が壊れて寒い思いをした、うち(笑)

あ、そうだ、洗濯に残り湯使えなくなっちゃうからな~って
ご感想も頂いてたんだった。
そうですね、その場合は、
上がり湯としてのみ使うという形でお願い致します~。


岩塩でつるつる♪のためなら、えんやこら。

あ、そんなうちのショップの、バス用ヒマラヤ岩塩はこちらから♪

LINE@ ID @qtm3650k セール等もこちらからお知らせ致します
友だち追加
ashbluestones WEB SHOP
ネットショップ(鑑定のお申し込み)はこちらから

ピックアップ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。