三人展「Ancient Memories 月千古輝」

Information

「禅語」と呼ばれる禅から生まれた言葉があります。
それとは知らずに使っている言葉が、たくさんあるんですよ。

一期一会、日日是好日、帰去来、諸行無常、
春眠不覚暁、晴耕雨読、とかね。
挨拶とか、主人公なんてのもそうらしいです。

この「月千古輝」もその中のひとつ。

悠久の月。
遠い遠い太古の昔から、変わらず降り注ぐ月の光。
どれだけの命が、どれだけの存在が、どれだけの細胞が、
それを見上げてきたか。
何を想ってきたか。

そんな、たくさんのたくさんの記憶たち。
「Ancient Memories」

佐々木茉璃伊東昌美は、
そういったものを彷彿とさせる作品を創るアーティストです。

ぜひ、実際にその目で見て頂きたい作品がたくさんあります。
そこに、これも太古からの地球の記憶、石達を配します。

ただただ、その空間の中に、
しばし身を置いてみて欲しいと願っています。

 

会場のさや堂ホールは、旧川崎銀行千葉支店本館として、
昭和2年に建設された、ネオ・ルネッサンス様式の建物です。

このビジュアルですので、テレビドラマやPVのロケ地としてかなり使用されてもいる場所で、
最近では、ドラマ「モンテクリスト伯」のスイス銀行に化けていました(笑)

市民に対して広く開放されていますが、
千葉市の指定文化財ですので、会場内での物販は原則禁じられています。


そのため、ご来場頂いた方には、販売可能な作品や石達のリストをお渡しする予定です。
ご希望の方は、申し込み書にご記入後、お渡し頂ければ、
後ほどご連絡とさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

しばらく、ぼや~んといて頂けるように、
椅子はいっぱい置いとくからね~♪(笑)

たくさんのみなさまのご来場を、お待ちしております。

美術館サイトアクセスページ
アクセス詳細のPDF
バスご利用等の詳細もあります。

ピックアップ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。