ビーズというのは思った以上に原石を使うんです

Stones

2015年8月26日にアメブロに書いた記事を加筆修正したものです。

みなさん、天然石のビーズ、例えば6ミリ、8ミリ、10ミリ、
個々の価格差について、
なんで2ミリ程度の違いでこんなに差がつくんだろ?って、
思ったことはありませんか?

私も思ってました、昔は。
でもね、気づいたのだよ、数年前に。

というか、ショップを立ち上げてから、その価格差が気になって、
ちょうどその頃、原石からビースまでの作り方を問屋さんのサイトで見たので、
計算してみたワケですが(笑)

ま、こちらの図をご覧ください。
まずこれは、8ミリの場合。

ビーズ玉を削り出す時、まず石をそのサイズ四方の立方体に切り出すワケですよ。
で、周囲を削り取って丸くしていくんですね。

8ミリビーズを作る時に必要な原石の体積は、
512立方ミリメートルです。
ギリギリで削ると考えて。
実際は、多少大きめかもしれないけど。

球体の体積は、半径の3乗×円周率×4/3なので、
この場合は、だいたい268立方ミリメートル
残りの244立法ミリメートル、
約半分近い原石が無駄になってしまうんだよね。

では、10ミリではどうでしょう。

はい、非常に計算しやすい(笑)

でも、8ミリの場合と比べてみてください。
たかだか2ミリの直径の差なのに、
必要な原石の体積は、倍近いのですよ。

ちょっとびっくりしませんか?
私は、びっくりしましたよ~。

で、10ミリのビーズの体積は約523立方ミリメートルなので、
削り取っちゃう部分は、476立方ミリメートル

単純に数値上で考えると、
これだけあれば、8ミリとまではいきませんが、
7ミリ程度のビーズ玉は余裕で作れますね。

ちなみに、14ミリになるとこんなです。

14ミリビーズの体積は1436立方ミリメートル
実は10ミリ越えると、倍にはならなくなるのですよ。
緩やかに差は少なくなります。
でも、捨てる分は、1308立方ミリメートル
10ミリ玉が作れちゃいますわね。

ということで。
ビーズ玉の場合、直径が2ミリ大きくなれば、
だいたい価格は倍になってもおかしくない。

だもの、スフィアが高いのも頷けますよね。
仕方ないわ、こんなに削ってしまうんだもの。
スフィアを作るとフリーフォームのタンブルだのさざれだのが、たくさんできますよね(笑)
これやっぱり、厚みってところが大きいんだろなと思います。
なので厚みのないペンダントトップとかは、意外とお買い得な時もあるんですよ。

そして、石によっては、もっと跳ね上がるものもあるんです。
例えばペリドットとかね。
この石はまた特に顕著なんですよ。
その理由は~。

長くなったから、また次回っ( ・∀・)ノ ごめん。

LINE@ ID @qtm3650k セール等もこちらからお知らせ致します
友だち追加
ashbluestones WEB SHOP
ネットショップ(鑑定のお申し込み)はこちらから

ピックアップ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。