美意識と美学と

Palmistry

先日ちょっとてのひらのコトを書いたので、
アメブロ過去記事をひっぱってきました。
2018年1月17日の記事を加筆修正したものです。

 

美意識と美学。
なんかコ難しいタイトルですけど、まあ、中身は難しくないんで。

昨日お風呂に入っていたら、ふと、
美意識と美学、
そんな言葉が浮かびました。

で、対応する方々の顔が浮かんで、ちょいと噴いたワケです(笑)

うん、なんでって、
その方々のてのひらを、私は知っているから。

以前該当するみなさまにご協力頂いて作った、てのひらのタイプ写真があります。
(あ、顔が浮かんだ方々とは別の方々の手ですよ)

美意識(水)の手


美学(風)の手

 

いや~、おもしろいわ、分かり易いわ(笑)
ひとりで楽しんでちゃダメですね、うん。

てのひらのタイプには
水、風、火、地の4タイプあるんですけど、
これはその中の2つ、水と風の手です。

下の写真の手は、比較的てのひらの縦、長さもある程度あるんですけど、
この微妙な違いを分けるのは、指の付け根だと思います。
指の付け根のてのひらに横幅があり、上端のカーブが少ないので、
てのひらが四角めに見えるということ。
多少長さはあっても、ここの違いはかなり大きいと思っています。
過去拝見してきた中でも、てのひら縦長でも四角い感じの方は、
線の入り方も、水の手より風の手タイプが多かったんですよね。

 

美意識と美学の違いって、
感覚と思考の違いと言ってもいいんじゃないかなと思うんですよ。
感じること、考えること。

美意識は、
美しいという物事に対する意識であり、心の動きであるのに対して、
美学は、
美しさに関する考え方とか認識(理解に近い)、んじゃないかなと。

双方とも指が長いので、理想家さんチーム。
繊細で自分の理想に、矜持と品格を持って向かっていくんだけど、
その理想が、進み方が、美意識ベースか美学ベースかってことですね。

美意識の手は、心が反応しないと
どんなによいものだと勧められても動きません。
だって、やなものはやなんだもんーが全てにもなり得ます。
それだけ、感性も突出しています。
だから心が動いちゃった時は、
慈愛を持って寄り添うこともできますし、
なんならとことん滅私もできちゃうと思います。

美学の手は、理屈で納得しないと、動きません。
気持ちは分かるよ、世間的にはいいものなんだろうってことも理解できるよ。
でもそれを自分にって、どうも納得できないんだよねえ、となります。
それだけ、思考力も鋭いんです。
だから納得がいった時は、非常に有能な参謀になるはずです。
全体を見据えた上で掘り下げ、冷静で建設的な考え方ができますので。

美意識の場合は感覚だから、現実との間で揺れやすいです。
美学の場合は認識だから、現実との間で葛藤が起きやすいです。

だから、美意識の手には細かい線が入りやすく、
美学の手には、横線が目立ちやすい。
「傾向」ですけどね。

火の手、地の手は、そうだな、
情熱の手、現実の手、となりますね。
こちらの2つは指の短い族。
理想家さんチームに対して、行動派さんチームね。

また次回と致しましょう。

あ、私、石屋ですが、てのひら観でもありますの~。

 

LINE@ ID @qtm3650k セール等もこちらからお知らせ致します
友だち追加
ashbluestones WEB SHOP
ネットショップ(鑑定のお申し込み)はこちらから

ピックアップ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。